Messages from RST|RSTからのメッセージ

RSTのミッション&学校からのメッセージ

We believe all children are capable and exceptional. By respecting and encouraging each one’s personality, strengths, and interests they are allowed to shine in their own unique way. This allows each child to understand their potential and develop the confidence which builds the core of their future success.

At The Reggio School of Tokyo ‘RST’ we provide learning opportunities for all children from 12 months of age. The aim of RST is to nurture children into becoming successful world citizens, people confident enough to make friends and speak from their heart no matter which country life may lead them to. A true world citizen is someone who can make friends and be trusted anywhere in the world. It sounds easy for children to become bilingual or even trilingual, but there is much more to communication than just speaking a language. For one to be truly capable of open communication they need to be active listeners who are caring, courageous, respectful, and culturally literate. An excellent international early childhood setting does make it possible for children to gain these skills. Our approach to education provides a wide range of experiences in a homey atmosphere where each child’s personality can shine. Our mission at RST is to help children to be happy and confident in themselves so that they may be successful no matter where their future may take them.

The world is continuing to globalize and no one knows exactly what the future will have in store for children growing up today. At RST we provide an education which allows children to not only to gain new skills, but more importantly develop the ability to adapt, continue learning new skills, and develop a love for learning. This gives our students the ability to be successful as a world citizen in a rapidly changing global community and opens up an endless number of pathways that guarantee a bright future.

The Reggio School of Tokyo -RST-は、日本で暮らす子供達にも将来、真の"World Citizen"として活躍して欲しいという思いのもとに生まれた、1歳からのインターナショナルスクール/キンダーガーテンです。
”地球のどこにいても友達ができ、世界中の人たちから相談を受ける、愛される”、”ココロで通じ合うコミュニケーションをどの文化の中でもとれる” これがRSTの考えるWorld Citizenです。
一言で言うと簡単そうな夢ですが、これは単にバイリンガル、トライリンガルになる事とは異なります。
”真のWorld Citizen"として世界で成功する為には、言語力、積極性、自信、思いやり、聞く力、伝える力、創造力、主体性、文化を吸収する力、感じる力、等などたくさんの要素が必要となります。
ただ、早期幼児教育の段階で、適正な環境とステップを通じて習得していく事で、その子の中ではこれら全ての要素を自分のパーソナリティとして身につけ個性として輝かせていく事ができるのです。
この輝きはWorld Citizenとして成功する上で欠かせないものとなります。

これから子供たちが羽ばたく将来は誰にも予測出来ません。
彼らが世界のどこにいても、自分で考え、チャレンジし、克服する、そのベースとなる力を今のうちに身につけさせてあげること。
それがThe Reggio School of Tokyoのミッションであると考えます。

RSTのミッション&学校からのメッセージ
  • The quests to discover life's wonders,
    is to nourish the "Richness of the heart",
    throughout the long years and
    will be the foundation to enrich your life.
    The RST "education"
    It may seem a little different from others

    Very commonly, "education" could be defined as
    being able to read, write, name objects,
    do addition and subtraction, can speak a foreign language, etc.
    Where there is a heavy emphasis on what we can do.

    Is that really the most important thing?

    For example, "to write"
    The objective of writing is not to "write"
    but by using the expression "to write" to expand your imagination
    what to express, create, do
    to another meaning of "to write", it is most important.

    To store the necessary knowledge and ways
    is a very important thing.
    Just to store such information will not be the source to live your life.
    Not only to trace the right answers, but to think for oneself.
    By pulling out the stored information, edit, and molding it
    your own way and outputting it all,
    you become alive for the first time.

    Children try to absorb everything that surrounds them
    Children try to send information all around themselves.

    There is no right or wrong answer.
    It is filled with joy, questions, and imagination.

    An education not only to "teach"
    It presents a lot of charm located around the kids,
    pull out the interest of the children to the experience.
    Through that experience, the creativity of each of them,
    expression, emotion, and imagination
    will continue to grow.
    What our "education" aims is to develop and enhance
    the treasures that children are born with.

    Stop showing the children the road of the obvious,
    but if is necessary, teach them only the wonders of life.
    (from the "amazing world of learning")

    Referred to as the best education approach by Time Magazine,
    from Italy "Reggio Emilia Approach"
    Grattino Delrio (Reggio Emilia Mayor)
    was told to quote the words of Mr. Georgio Garbel

    The Reggio Emilia Approach is
    to honestly encourage the "sensitivity" within children
    the potential ability of the children
    such as to let them grow naturally(spontaneous)
    which is a beautiful educational approach.

    We believe that at RST, children find out
    what is really important while incorporating
    edcaution based on this approach,
    we want to make it a "place" for all of us to grow.

    The quests to discover life's wonders,
    is to nourish the "Richness of the heart",
    throughout the long years and
    will be the foundation to enrich your life.

    Think for oneself.

  • 人生の魅力を発見し探究できる
    「心の豊かさ」を養うことが、
    その後の長い人生を生き抜く、
    人生を充実させる礎になる。
    RSTの「教育」のあり方。
    それは少し他と違って見えるかも知れません。

    「教育」というと、ごく一般的には、
    「文字が読める、書ける」「ものの名前を知っている」
    「足し算引き算がわかる」「外国語が話せる」など、
    何かができることに重きを置いてしまいがちです。

    でもそれが本当に一番大事なことなのか。

    例えば、「書く」ということ。
    「書く」こと自体が目的なのではなく、
    その「書く」という現手段を使って、想像力を膨らませ、
    何を表現し、創造するか・したいか、ということが
    本来の「書く」ことの意味であり、大事なことだと思うのです。

    必要な知識や手段をしっかりと蓄えていくことは
    とても大切なことですが、
    それを蓄えているだけでは、人生を生きる糧にはなりません。
    教えられた正解をなぞるだけでなく、じぶんで考えて、
    蓄えを引き出して、編集して、新しいカタチに再構成して、
    じぶんのやり方でアウトプットすることで、
    初めて活きてくるのです。

    子供はあらゆるものから吸収しようとしています。
    子供はあらゆるやり方で発信しようとしています。

    そこに正解や間違いはありません。
    たくさんのよろこびや疑問やイマジンであふれています。

    「教える」だけの教育ではなく、
    子供たちの周りにあるたくさんの魅力を提示して、
    子供たちの興味をひきだし、体験させること。
    その体験を通して、彼らそれぞれの、
    表現、感情、想像力と創造力を
    十分にひきだし、伸長させていくこと。
    子供たちが生まれながらに持っている宝物を
    大きく育てていくことこそが、私たちがめざす「教育」です。

    「子供たちに、わかりきった道を示すのはよしてくれ。
    どうしてもというのなら、人生の魅力だけを教えて欲しいんだ」
    (書籍「驚くべき学びの世界」より)

    これは、TIME誌で世界で最も優れた教育と称された
    イタリア「レッジョ・エミリア・アプローチ」について
    グラッツィーノ・デルリオ(レッジョ・エミリア市長)が、
    ジョルジョ・ガーベル氏の言葉を引用して語られたものです。

    レッジョ・エミリア・アプローチは、
    「感性」に正直に、創造することを促すような、
    子供たちの潜在的な能力を開花させ、
    自発的に成長させていくような、
    素晴らしい教育アプローチです。

    この教育アプローチをベースに採り入れながら
    子供たちにとって、本当に大切なものを
    見つけ、育てるような「場」を
    子供たちと一緒に創っていきたいと
    私たちRSTは考えています。

    人生の魅力を発見し探究できる
    「心の豊かさ」を養うことが、
    その後の長い人生を生き抜く、
    人生を充実させる礎になる。

    Think for oneself.
    じぶんで考える力を。

    子供たちの宝物のような感性は、
    わたしたち大人にとっても、
    教わるところが多い驚きに満ちています。